« 2010年8月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年9月29日 (水)

情報革命で人々を幸せにしたい

昨日、USTREAMで、孫正義社長の講座を見せて貰った。

続きを読む "情報革命で人々を幸せにしたい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

自己変容ツイート(茂木健一郎)から

永遠の自己発見(自己拡張)をテーマにしている自分にとっての防備録です。

自己変容(1)創造の、最高の形態のひとつは、自分自身が変わることである。今までとは違う自分になる。それを積み重ねることで、自分自身が「作品」になる。

自己変容(2)他者に向き合うことは、新しい自分を引き出すきっかけとなる。最初から(A)という自分があるのではない。他者に向き合う(->)ことで、それぞれ異なる(A')->、(A'')->、(A''')->、・・・が生まれてくるのである。

自己変容(3)他者の存在によって、新しい自分が引き出される。幼い子でさえ、父、母、お兄さん、妹、先生、近所のおじさん、親戚、友だちそれぞれに異なる「自分」で接することを知っている。

自己変容(4)ボーイスカウトの少年に対して、「いいかい君たち、これからキャンプの準備をするよ」などとハキハキと説明しているお兄さんを見ると、「あの人はそういう人なんだ」と思う。実際には、ボーイスカウトという文脈で少年たちに接していることで、そのような人格が生まれているのだ。

自己変容(5)街で日本語のうまい外人に道を聞かれた時にしか出てこない人格もある。青い眼、金髪の人に流暢な日本語で尋ねられる。こちらも普通に日本語で答えればいいのに、「あ〜それはですね〜」などと、外人っぽい日本語になってしまう。

自己変容(6)タクシーの運転手さんと話す時に人格が生まれる。「最近景気どう?」「まったくねえ、政治も困ったもんだねえ」などと、ふだんあまり考えもしないことについてもペラペラ喋る。タクシーを降りた後で、ふっとため息をつく。今までの私は何だったのだろう?

自己変容(7)英語を喋れるようになるということは、つまりは、新たな英語人格を創り出すということである。日本人の多くが英語を苦手とするのは、(A)から(A')->への自己変容のプロセスを欠いているからだ。

自己変容(8)「自分探し」という言葉が一時期流行った。たった一つの(A)があると思うのならば、それは間違っている。他者との関係性によって、全く新しい自分が生まれる。(A')->、(A'')->、(A''')->と、関係性の数、文脈の数だけ異なる自分を創ってしまっていいのだ。

自己変容(9)「〜らしく」という制限は、関係性を通して新しい自分を生み出すことの邪魔になる。自分にも他人にも、「〜らしく」という要求を押しつけてはいけない。他者との関係性においてうまく「脱抑制」することで、(A)が(A')->になるプロセスを発動させることができる。

自己変容(10)創発(emergence)は、危機(emergency)に通じる。魂の危機において、新しい自分を模索する中で、それまでにない新しい人格、世界との関わり方に着地することができるのだ。

自己変容(11)最初から、「自分」が定まったものとしてあると思うな。他者との関係性を通して、魔法のように生まれる新しい自分を楽しめ。魂の危機(emergence)を、うまく創発(emergence)に結びつけろ。

以上、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

第四回 リーダーシップ養成講座

「101002.pdf」をダウンロード
更新が月一になってしまっているが、古河商工会議所/中小企業相談所 後援の、「リーダーシップ養成講座」も4回目を迎える。 http://www.kogacci.or.jp/seminar/101002.pdf

続きを読む "第四回 リーダーシップ養成講座"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年12月 »