« 智は愚を責めず(リーダーシップ) | トップページ | 研修、会議の評価基準 »

2010年6月22日 (火)

たたみ家さんがヨカッタ!

 地元 古河に、たたみ家さんという、おいしいウナギ屋さんがある。以前から美味しかったが、更に磨きがかかっていて、”そうそう、これなんだよなぁ!”という、こうなって欲しいお店の進化を体験した。

 お店のハコそのものは、新しくするのは大変だ。ホンダクリオ中央神奈川の相沢会長も、「古いとキタナイは関係ない!」と言い切り、古い設備である手動のドアだからこそ、駆け寄って開けてあげることで、「ありがとう」の一声が頂ける。自動ドアではこうはいかない、として、自動ドアの新しい建物の社員から、「手動ドアに変えて欲しい」という、なんとも笑える要望があったとか。

 いきなり話がそれたので戻すと、最近では、不景気の影響や、内食の傾向等で、外食が減ったせいか、それなりの価格で美味しいものを出していた、うなぎやとんかつのお店も、”ランチ”や”ランチセット”と称して、低価格なサービスを展開している。

 それはそれで毎日のことだし、ありがたいのだが、ランチを始めると、その多くのお店が、従来の高いけどおいしいメニューが、大したことない味に落ちる。

 ところが、昨日行ったたたみ家さんでは、ランチもやっているけど、本家のウナギにも磨きがかかってて、うれしかったわけです。飛騨の山椒も非常に香ばしく美味しかった。また、トッピング的に小鉢も用意され、安くはないけど、非常に上品な味だったり、食感が良かったりの創作小物で、感心した。

 客単価も上がるのは間違いない。数が落ちるのをランチで補いながらも、従来の一品を磨くことで差別化し、さらに、レジ前のチューインガムではないが、ついでに頼める、しかも旬で味わい深い一品を用意して、単価アップにも繋げる。美味しいだけでなく、感心しながら、充実したランチタイムを過ごす事ができた。

 更に、これらのトッピングは、絵で表現されたPOPで並べられており、並べる量は多すぎるかもと思ったけど、ビジュアル効果、絵による効果で、特に、お客さんが居たりすると、頼んでしまう。これからも頑張って欲しいと思う、古河のお店の一つだ。ごちそうさまでした。

|

« 智は愚を責めず(リーダーシップ) | トップページ | 研修、会議の評価基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99592/48691056

この記事へのトラックバック一覧です: たたみ家さんがヨカッタ!:

« 智は愚を責めず(リーダーシップ) | トップページ | 研修、会議の評価基準 »