« やっぱり世の中は進化してる | トップページ | 働く人が元氣になるOOC »

2010年6月 1日 (火)

第三回 オンリーワン・コーチング研修

Ooc3 いよいよ3チームに分けた研修も最終日だ。今期より、クレドの一文も表現方法を替え、

心価の部分は、「傾聴力・要約力・質問力を磨き・・・」という聞き慣れない用語を入れてあったのだが、全チーム受講した事で、少しは伝わっていくかな、と期待している。

 まず、研修スタイルは、テーブルのないイスだけのスタイル。メモしたい場合に備えて、用箋ばさみを使う。テーブルを挟むことでの距離間をなくすこと。自由な組み合わせで、同じ人とばかりワークしないことを意図している。


Ooc8
会議テーブルが畳んで置いてあるのが見えると思うが、余分なイスもスタックできるタイプなので、このような使い方が可能になる。会議室や研修室というより、多目的コミュニケーションルームという感じだ。

Ooc7
こんな自然な表情、リラックスした状況を作り出すことで、研修効果(研修後どれだけの時間、内容を覚えているか)が2倍~数倍違うという研究結果も出ている。


Ooc2
今回のメイン講師は、赤坂からISOの審査員としても活躍している栗山さん。TA(交流分析)の部分は、カウンセラーとしても経験、実績、ノウハウの深い加藤先生が解説。相手との対話を通して、自分自身の理解も促進していくことが、相互理解への大きなポイントだ。

前回、メイン講師を務めた若島さんは、規格協会のISO講師だけでなく、埼玉県のエコステージを立ち上げたメンバーの一人でもある。僕とは、SQA(埼玉県経営品質協議会)を通じて知り合った。先輩でもあり同士でもある。


実は、今回のメイン講師は2名体制で進めていて、とある企業で人事関係の中心人物として、企業の実情と従業員の現状を最も知る石井さんだ。いづれも2006年からの研究会の仲間でもある。ありがたいご縁だ。

Ooc1_2

それぞれの笑顔が輝き出すことで、日頃の仕事もより可能性が高くなる。努力が努力でなく、どこかワクワク感のある自発的なものになってくる。「人は状態である」 あらためて、こんな言葉がよぎる。

Ooc5


Ooc4


|

« やっぱり世の中は進化してる | トップページ | 働く人が元氣になるOOC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99592/48512893

この記事へのトラックバック一覧です: 第三回 オンリーワン・コーチング研修:

« やっぱり世の中は進化してる | トップページ | 働く人が元氣になるOOC »