« 第二回オンリーワン・コーチング研修実施 | トップページ | 5月24日(月)朝の話 »

2010年5月21日 (金)

伝わっってこそのコミュニケーション

Kcwo2010
古河シティウインドオーケストラの広告に、社員募集も付加しました。

一般的に、スポーツに取り組んでいる人たち。特にマネージャーやキャプテンなど、メンバーをまとめる役割を担っている人たちの人気が高い。その理由もわかる。

同じ意味で、音楽に携わる人たちも、高い評価を得てもいいと感じている。もちろん、独りよがりの職人的ミュージシャンも、それはそれで素晴らしいけれど、やはり、アンサンブルを意識して、自分が出るところ、周りと一体化して存在を消すところ、他の音が美しく響くようにスペースを空けるところ、全体で強く出るときに、自分の音域をしっかりと出し切るところ、メロディのような主旋律でない部分でも、しっかりと存在感のある音で表現できること・・・・

そんな事柄に氣づき、周りはどうあれ、ひたすらやり続ける。どうせ・・・などという言葉は言わない。そんなマインドの持ち主は、スポーツマンだけでなく、ミュージシャンにもいるはず。勝ち負けでなく、伝わったという結果に対して責任を取るプロ精神。

あんなにやったのに、あれほど言ったのに、、、。良く聞く言葉です。結果が出ていない=伝わっていないという現状を自ら認識して、伝わったという結果の為に、手を変え品を変え、表現を変え、自分を変えて、目的を追求していく。そんな生きる姿に大いに期待しているわけです。

定期公演会でも、そんな生きる姿に氣付くべく、素晴らしい情熱が表現されます。ご覧に行かれてはいかがでしょうか。

13teienn1111


|

« 第二回オンリーワン・コーチング研修実施 | トップページ | 5月24日(月)朝の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99592/48416619

この記事へのトラックバック一覧です: 伝わっってこそのコミュニケーション:

« 第二回オンリーワン・コーチング研修実施 | トップページ | 5月24日(月)朝の話 »