« 今年はアチコチ書きました。 | トップページ | 今年も一年、ありがとうございました。 »

2009年12月26日 (土)

古河の有志3団体+ONE

 今年、地域人としての自分にとって大きかったのは、この3団体がそれぞれに代表を立てて活動を初め、定着したことだ。とてもありがたいし、これからは社員も巻き込んで、より大きな輪にしていけるよう、参画していこうと思っている。

■一つは、【古河経営品質研究会】。
およそ30年前、「人事屋が書いた経理の本」の大ヒットで有名になった、西順一郎先生のプライベートバンド、「パシフィックアイランダーズ」でご一緒した、経営品質賞で有名な、武蔵野の顧問をされている南後大先輩から、経営品質について伺ったのが1999年の暮れ。

 自社に取り入れるかどうかを判断するため、翌年勉強を初め、翌々年にはアセッサーになり、社員+身近なお客様に声かけして、6・7・8月と3回コースで夜学勉強会を行った。これが2001年。当時の仲間から、太洋舎クリーニングの専務、現社長である永塚守さんの人柄、取り組みに非常に大きな魅力を感じ、2008年には、渋る中、なんとか代表を受けて頂いた。

 経営品質に対する考え方を進める中で、大きな戸惑いと超えるべき山にぶつかる中、中小企業の経営品質は、全員経営を是とし、具体的、科学的に統合されたMG研修を展開することが非常に効果的と気づき、7年の取り組みから、今は、わたらせMGを中心に、長岡から坂東秀行氏を講師に、「社長と社員が共に学ぶ会」を継続中だ。

 そして、新潟からも、ザ・ゴールのヒットで有名になった、「TOC」の研究では、TOCの現場導入に関しては日本一であろう、新潟の清水信博氏も、2日間コースをスポットで提供してくれている。

 

■もう一つが、【古河MG研究会】。これは、僕自身がナガツカに入社する理由となった、「戦略会計入門」の著者、西順一郎先生の思想を直接、地元古河に根付かせたい思いから具現化した集まりだ。西先生ご本人だけでなく、奥様の佳恵先生にも来ていただけている。

 これには、上記の経営品質研究会に積極的に参加しながら、器用じゃないけど誠実さバツグンの鈴木健司さんにお願いすることができた。ありがたい限りだ。器用じゃないからこそ、多くの人を動かせることを感じさせてもらった、僕にとっての先生でもある。

 この会では、人間教育として思想を持つ西MGから、現業に手を尽くすということをわたらせMGに任せて、中小企業にとっての奥様や、事業後継者となる可能性の高い子どもたちまで巻き込んだ、レディズMG・子供MGへの発展も示唆している。特に奥様は、”嫁に来た”という立場からのストレスもあったりするから、そんなオーナー一族が、より長期に渡って経営を成功させていく事まで、長期的に考えながら進めている。

 全国から、経営者の方々が参加しに来てくれることも大きな特徴の一つで、山形で、マトリクス会計の本を西先生と書いている、宇野寛氏や、秋田湯沢で、中央市場というスーパーを伸ばし続ける経営者、朝、シャッターを開ける前にその日の売る上げがわかるという、専務の千葉均氏も、ひょっこり古河に来てくれたりする。こっちがびっくりしてしまう。鈴木健司さんの行動力の成果だなぁと頭が下がる。

■3つめが、【古河OAお助け塾】、古河OA塾でも良いのだが、代表のパブリック商事 鈴木勇次さん29歳が、本当に他社貢献の気持ちが熱く、昼夜いとわず手助けするという思いを実践されている。古河経営品質研究会の永塚守 太洋舎さんなど、非常に助かったと絶賛するほどだ。僕が生涯忘れないほどインパクトを受けた、マイツールというソフトを使った経営改善の勉強会であり、MGでの学びを実践する勉強会でもある。

 大阪から、マイツール逆引き辞典の著者でもある、佐藤雅栄氏や、マイツールの開発にまでかかわる、三重県桑名の福田正道氏、例の武蔵野の基礎となるコンピュータシステム(=マイツールシステム)を立ち上げた、横須賀の宮川恵氏など、そうそうたる方々が、古河に来て、その考え方、経験談、実務相談、実践研修に力を貸して下さっている。鈴木勇次さんの熱心さのタマモノだ。

 冒頭に書いた、日本経営品質賞の(株)武蔵野さん。実は、MG×マイツールが根底にある。西MGの多くの大先輩たちが、顧問の南後さん同様、地道に支援しているんだ。それを学ぶ環境が古河にできたことは非常にうれしい。3人の代表者の思いと行動、志に感謝感謝の思いでいっぱいだ。

■そして来年の楽しみもある。メンバーの都合から、一時休止していたバンド部会、【スラップダッシュ】を、今年度、古河商工会議所青年部の会長を努める、鈴木印刷所社長、鈴木敏雄さんにお願いすることだ。まだ若く現役でもあるので、僕の始めたV・A・Kゆったりセッションではないが、仕事で目一杯の中小企業経営者が、気づかぬうちに非効率に落ち込む生真面目にハマってしまうのを、バンド活動を入れた二次会等々で解放してあげられることを狙っている会だ。スラップダッシュとは、弾ける!の意味。もちろん僕もOBとして、時には一緒に演奏させてもらいたい。

■僕自身は、元旦にまた年賀状をUPさせていただくが、急激な時代変化からのストレスや、金銭的なストレスから、うつやネガティブな状態になりがちな人々に対して役立っていきたい。それは、社長として社員たちを守り、応援し、共に働くことに始まり、周りの方々との新たな連携を計画している。上記4名の同士に加え、力のある方々もたくさんまわりにいてくれているし、まだ見ぬ仲間もたくさんいるように感じている。

同じ一所懸命ならば、評価と比較のコミュニケーションから、受容と承認のコミュニケーションを柱に、求める成果に向けて、自分の存在意義を発揮していこうと思う。弊社28日まで営業、一部29日も会社には何名かで仕事納めをするが、本当に、今年一年、ありがとうございました。来年も、どうぞ宜しくお願い致します。良いお年を!(長塚 孝之)

|

« 今年はアチコチ書きました。 | トップページ | 今年も一年、ありがとうございました。 »

コメント

こんばんわ。メッセージにでていた永塚 守さんの同級生です。学生時代から彼は前向きに努力していたのを懐かしくおもいコメントを書かせていただきました。東京に住んでいるのでなかなか地元の古河へ帰る機会がないのですが、今度帰った時にはお会いして元気パワーをもらいたいと思います!永塚さんにお会いすることがありましたら、頑張っているのを嬉しく思うとお伝えください! うつぎ

投稿: うつぎ  | 2010年1月21日 (木) 22時09分

うつぎさん、コメントありがとうございます。まもちゃんも喜びます。彼も今はどんどん東京などにも出かけています。実際、昨日はマイツールというデータベースソフトの活用の仕方を学びに行っているはずです。古河でなくても会えると思います。うれしいコメント感謝です!mixiも、まもちゃんで見つかるはずですよ。

投稿: 長塚孝之 | 2010年1月23日 (土) 03時37分

こんばんわ。仕事がひと段落ついたのでmixiでまもちゃんで探してみたのですが、永塚さんにメールできたかはちょっと不安。まもちゃんのハンドルネーム人けっこういるようだったので。。。

投稿: うつぎ | 2010年3月25日 (木) 02時59分

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5808530&from=navi

うつぎさん、これで見つかりますか?
でなければ、バンドザウルスで僕を見つけていただくと、その中にいるまもちゃんは1人です。

投稿: 長塚孝之 | 2010年3月25日 (木) 04時49分

ありがとうございます。見つかりました。早速メール送ってみました!長塚さんも遅い時間(もしや早起き?)までメールチェックしているのですね。脱帽です。

投稿: うつぎ | 2010年3月25日 (木) 23時13分

うつぎさん、良かったですね。
僕は早起きの方です。(笑)
まもちゃんも、良い印象の人だと話していました。こうしてITの力をかりると、新しいきっかけにもなるんですね。改めて実感。
書き込み、ありがとうございました。

投稿: 長塚孝之 | 2010年3月26日 (金) 14時13分

そうですね。IT便利さで、失うものも多くありますが。。効率よくなるものもありますよね。ポイントはITをどう使うかなんだなって思っています。ITをうまく使う側で、知識を深めITに使われないように心がける今日この頃です。今度機会があればお話聞かせてください。経営者マインドはとても参考になります。では!

投稿: うつぎ | 2010年3月26日 (金) 14時35分

ITでよく言われるのは、アナログ×、デジタル○という類の言葉。これを分けると明確になると思っています。

伝送技術は、アナログからデジタルで○。ただし、伝えるコンテンツはアナログが主。

人間的な要素、思考や気持ちの数々を、時間を越え、国を、立場を、性別を越え、瞬時に、広く伝える手段がデジタル技術。

アナログの子分がデジタルだと思うのですが、テクニックとコンテンツの両方を表わしていることを曖昧にしたまま、発言している場合が多いことが、どうもデジタルが主のようになってしまい、便利さの陰で失ってしまう要因だと思います。

便利になっても、本来失うものなんてないはずです。思考がついていっていないだけだと思うんですよ。

投稿: 長塚孝之 | 2010年3月27日 (土) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99592/47120876

この記事へのトラックバック一覧です: 古河の有志3団体+ONE:

« 今年はアチコチ書きました。 | トップページ | 今年も一年、ありがとうございました。 »